So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

チキンマサラの作り方 [カレー]

チキンマサラ(約4人前)の作り方の記録

curry_20170617_01.jpg
チキンマサラ完成図

curry_20170617_02.jpg
カシューナッツ 50gを2分程茹でて、100mlの牛乳と一緒にブレンダーにかけペースト状にする

curry_20170617_03.jpg
玉ねぎ 1個、にんにく 1かけ、生姜 1かけ みじん切り

curry_20170617_04.jpg
トマト 1個 ざく切り

curry_20170617_05.jpg
鶏もも肉 400g 皮を剥いで一口大に切る

curry_20170617_06.jpg
バター 20g
カルダモン 5粒、クローブ 5粒、カシア 2片(シナモンでもOK)、ベイリーフ 1枚
コリアンダー 小さじ 2、パプリカ 小さじ 2、ターメリック 小さじ 1/2、ガラムマサラ 小さじ 1/2、カイエンペッパー 小さじ 1/2(標準は小さじ 1/4)
カスリメティ 小さじ 2

curry_20170617_07.jpg
オリーブオイル 大さじ1(サラダオイルでOK)とバターを温め、バターが半分溶けるぐらいでホールスパイスを投入、カルダモンが膨らむまで炒める。

curry_20170617_08.jpg
玉ねぎ、にんにく、生姜を強めの中火でしっかり色づくまで(きつね色よりもっと)炒める。

curry_20170617_09.jpg
トマトを潰しながら水分を飛ばすように炒めてペースト状にする。

curry_20170617_10.jpg
パウダースパイスと塩小さじ 1弱を入れて、弱火で20-30秒炒める。(香りが立ってくる)

curry_20170617_11.jpg
カシューナッツのペーストを入れ、中火にしてよく混ぜる。

curry_20170617_12.jpg
カレーの素の出来上がり。

curry_20170617_13.jpg
鶏肉、水300mlとカスリメティ(押し潰すようにして香りを出す)を入れて、強火でひと煮立ちさせてて、蓋をして弱火で10分程煮込む。最後に塩で味を整えたら完成。
タグ:カレー

ハンカレー@バークレー [カレー]

curry_20170616_01.jpg

6/16の金曜カレーは、川端商店街のバークレーで名物のハンカレー。ハンカレーはハンバーグが上にのったカレーです。このハンバーグ、ふっくらジューシーで美味い。マイルドなカレーと相性よしで美味いです。
タグ:カレー

サッポロ一番みそラーメン [ラーメン]

ramen_20170612_01.jpg

ちょっとお疲れモードで外食もちゃんとしたの作る気力もないので、夕食はサッポロ一番みそラーメン(袋麺)
焼豚代わりのベーコン、ゆで卵、レタス、刻みネギをトッピングして、隠し味に柚子胡椒。
意外にうまかった。

スリランカ ヌードルカリー@Monara [カレー]

curry_20170609_01.jpg

金曜カレーは渡辺通サンロード商店街の中にあるスリランカ家庭料理Monaraのランチで、スリランカ ヌードルカリーをいただく。+50円でリアルレッドにできるけど今回は普通で。
ツナパハのカレーよりココナッツミルクが効いて辛味がマイルド。サラダ、カリー、紅茶、アイスのセットで890円也。


タグ:カレー

マドラスビーフ [カレー]

curry_20170602_01.jpg

昨日の金曜カレーは、マドラスビーフを作成。
インドには珍しく牛肉のカレーです。

材料は、牛肉、玉ねぎ、青唐辛子、にんにく、生姜、トマト、ココナッツミルクパウダー、油、塩
ホールスパイスは、カルダモン、クローブ
パウダースパイスは、コリアンダー、パプリカ、ターメリック、黒胡椒、カイエンペッパー
タグ:カレー

キュレナンテ・オ・ミュスカデ [チーズ]

cheese_20170528_01.jpg

昨晩は頒布会のチーズとワインを食す。
チーズは、キュレナンテ・オ・ミュスカデというミュスカデで洗ったウオッシュタイプのチーズ。
表皮は結構香りが強い。この匂いは苦手なタイプの香り。表現するならば足の臭い人が脱いだ靴下の匂い(-_-;)
表皮も食べられるらしいがナイフでカットして中身だけ食べる。中は臭くなく大丈夫。とろとろじゃなくてもちもちとした食感でナッツの風味もある。
ワインは、ドメーヌ・ドゾン クロ・デュ・ソー・オ・ルー シノンというロワールの赤。セパージュはカベルネ・フラン 100%とのこと。
カベルネ・フランらしくタンニンが少なくて飲みやすい感じだけど、VVを使ってるらしくてカベルネ・ソーヴィニヨン的な要素も感じる。

青唐辛子のアチャール [カレー]

curry_20170528_01.jpg
カレーの付け合せにする青唐辛子のアチャールを仕込みました。アチャールはインドのお漬物的なもので、マスタードオイルとスパイスで材料を漬けます。

今回は下のヒング(アサフェティダ)というスパイスも使いましたが、これがものすごく臭い。腐った玉ねぎかドリアンのような硫黄臭がします。別名を悪魔の糞と言うらしいです(-_-;)
加熱するといい香りになるんですけどね。元々の容器は開封したら匂いが漏れてくるので、密閉容器に移して保存してます。
curry_20170528_02.jpg
タグ:カレー

カレーリーフ その5 [カレーリーフ]

curry_leaf_20170527_02.jpg

新芽がどんどん伸びて葉が茂ってきたけど、葉裏や枝にカイガラムシの幼虫らしきものが発生してる。
数はまだ少ないので、見つけ次第爪楊枝で取って駆除してるけど、念のため薬剤散布を実施。

使用したのはこちらのベニカ水溶剤。説明書通りに2000倍に希釈して散布。展着剤はなかったので入れてないけどまあいいか。
curry_leaf_20170527_01.jpg

サグチキン [カレー]

curry_20170526_01.jpg

金曜カレーはサグチキンを作成。ほうれん草と鶏肉のカレーです。
ほうれん草は茹でた後、ブレンダーでペースト状にするんだけど、量が足りなかったのかブレードが空回りして上手くペーストにならなかった(フードプロセッサーは持ってない)ので、すり鉢で摺った。
ほうれん草の量をもうちょっと増やしたほうが良さげだけど、味は美味しかった。

材料は鶏もも肉、ほうれん草、玉ねぎ、トマト、ニンニク、生姜、生クリーム、塩、オリーブオイル。
ホールスパイスはクミンシード。パウダースパイスはコリアンダー、ターメリック、カイエンペッパー。

丸天うどん@因幡うどん [うどん]

udon_20170524_01.jpg

今日の昼は、JR博多駅地下 博多一番街の因幡うどんで丸天うどん。
丸天は魚のすり身を揚げた奴で、博多のうどんでは、ごぼう天と双璧を成す具です。
ここのうどんは、典型的な博多のうどんで麺はヤワヤワでふわふわ、箸で持ち上げると切れるぐらい柔らかいです。昆布に鰹節やいりこでとった出汁を塩、薄口醤油で味整えた透き通ったツユです。
関東の真っ黒いツユは蕎麦にはいいけど、うどんには合わないですね。
しっかり腰のある讃岐は麺を味わうもので、博多の柔らかいうどんは、具とツユと麺の三位一体で味わうものだと個人的には思います。
タグ:うどん
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。